羽生結弦


仙台という街は、アスリートで言えばフィギュアスケートと卓球選手を輩出する街みたいな感じになってますが、明日、羽生結弦のパレードが行われます。

うちの店の前の東二番丁通りも交通規制かかるようですが、今日の仕事帰りに歩いてたら、見事にファンの人たちが場所取りで、深夜に、寝ずに徹夜で場所取りで陣取っていました。

まず、彼のパレードだけでどれだけ経済効果があるのか思いを馳せてしまいました。ジャニーズの嵐が来ただけで仙台中の宿はキャパオーバーとなり同じ日に行われる予定だった学会が中止になったりしたらしいですが、今回のパレードもそれに負けてないのではないでしょうか?

今回の羽生結弦については、うちの店もその恩恵を受け、明日のパレード目的の仙台に訪れた夫婦が来てくれました。しかし、経営者としては魚BAR一歩も羽生結弦のおこぼれにあやかるだけではなく、経済効果を産む側になりたいものだと思わせられるものです。周りの人からは、スーパースターに星に向かって手を伸ばしてるように見えるのでしょうが。

ちなみにパレード当日は、私は先月辞めた安田の独立する店舗のプレオープンに参加するため、東京に行くのですが、いつも止めてる駐輪場が交通規制でバイクを停めれないんじゃないかと、今気づきました。これは羽生結弦の弊害です。

写真は、七十七銀行本店の前に陣取るファンの人たち。午前3時。