5日、仕事始めです


日頃のご愛顧ありがとうございます。店主の高野です。正月も終わり、5日から我々の店も仕事始めです。
私の正月は文字通りの寝正月でした。全く外出をせず、食べて飲み、テレビを見て寝るの繰り返しで、暴飲暴食の最たるものが私でした。そんな中でもお袋が焼く炭火の焼き物が雑で、大抵焼き過ぎか、表面焦げても中が生とか典型的なダメな例ですが、「せっかく炭火で焼くのなら炭火の良さを追求しようよ」と残念感を感じるところが、仕事意識が抜けないところで、いつか質の高い炭火焼きを家庭で実現したいと思いました(これは川原のバーベキューにも言える)。
またこの正月の収穫は、中学一年の甥っ子の麻雀に成長が見られた事で、つい何も賭けてない麻雀を真剣にやってしまいました。正月訪れたうちの従業員高橋に麻雀のやり方を教えてたら、それを見てたうちの甥っ子がついに頭を使って打ち始め、あと数年で本気で打てる相手になるのではないかと思いました。これはまさに我々の職場にもよくあることで、自分が蓄積してきたノウハウをそれを言葉にし、ポイントを要点で伝え、やらせてみてそれを指導する時、人はさらにもう一皮剥けるというのは、多くの人が実感してることだと思います。うちの甥っ子にとってはもやもやと理解してるところに、ビギナー高橋に言われてることでも、改めて基本を明確な言葉で聞いたことにより理解が深まったのでしょう。しかし、私の甥がドラをカンしたら、裏ドラも同じ杯でドラ8となったのですが、上がった時の興奮が無かったのは金がかかってないからでしょう。それともやはりまだ麻雀というゲームがわかってないからでしょうか?所詮はまだ中1です。
今年は、年初からコロナ感染者が増加し始め、不安漂う中での年の始まりとなりました。果たしてまた飲食店には時短要請が出るでしょうか?重症化率の高いデルタ株中も営業してた我々としては、仮にまた時短要請が出ても応じることはないと思いますが、しかし、世の中が通常に回らない事には頭を痛めると思います。
今年はぜひ、普通の競争環境の中、余計な政策や金に振り回されず、やるべきことに集中して頑張らせてもらいたいと思っております。