安心


日頃のご愛顧ありがとうございます。店主の高野です。
早くも12月が近づき、今年も残り1ヶ月となりました。12月は我々にとっては稼ぎ時ですが、果たして今年はどうなるでしょうか?
先日、今年から入った亀山と12月の見通しについて話していました。私が、これくらいだなと言う数字を言ったところ、亀山は、甘いですよ、と言って過去最高売り上げの数字を上げました。そこで私は微笑みました。今年に入ってずっと時短営業で、ゴールデンウィークから店を閉じ、6月から再開するまでは、せっかくうちに入ってもろくに働かせることができないと思ってましたが、店を再開してからは毎月が12月のような忙しさが続き、亀山はこれが当たり前のような感覚になってるのかもしれません。しかし、周りの店も営業を再開し、我々の店もちらほらと暇な日が増えてきました。12月はそれなりに忙しくなるとは思いますが、彼が言ったような過去最高の売り上げを作ることはどうでしょうか。
それでも彼のような新人が店の売上高を意識し、積極的に売り上げ記録を狙っていくのは頼もしいことで、もし売り上げができなかった場合は落ち込んでくれるでしょうか?もし、従業員が私と同じように売り上げができないことに落ち込んでくれるのなら、負ってる責任は違うにせよ、私が感じるプレッシャーは半減するでしょう。なぜなら、きっともっと良い店を作らなければいけないというエネルギーを担ってくれるという安心感があるからです。
これからが正念場という認識は変わりません。