仙台店の学生バイトたちが上がっていく

日頃のご愛顧ありがとうございます。店主の高野です。

三月も終盤に差し掛かり、この春卒業するバイトたちの最終出勤日が着実に過ぎて行き、今年卒業する東北学院大学4人組では残すところ1人だけとなりました。

2016年6月に仙台店を開店してからこれまでの1年10カ月を振り返るといろいろ思うところがありますが、全ては私の人生経験にも有意義なことだったと思います。終わりよければ全て良しとは言いますが、まさに今回のバイトたちにも言えるでしょう。最初はこちらも2年でバリバリ店を回せるスタッフに育てるぞと意気込んでたものの、入っても月10回のバイトを、ましてや店が暇すぎてやらせることもなく、なかなか育てることができず歯がゆい思いもしましたが、今頃になって、オッと思わせる動きを見せることもあり、こいつわかって来たなと思わせられることもあります。ここから戦力として花開く時だったにもかかわらずとても惜しい気持ちです。

私もそうであったように、社会に出てから様々な洗礼を受けるでしょうし、我々飲食店業でこだわってる事の意味がいつかわかってくれる日も来るでしょう。うちでの経験がどんな形でも何かしら彼らの糧になってくれれば良いなと思っています。


写真はユウセイとダイキ

バイトの写真はこれくらいしかありませんでした