麻布十番店、6月から通常営業するご報告

日頃のご愛顧ありがとうございます。店主の高野です。
現在、東京の恵比寿、麻布十番の二店舗は休業しておりますが、6月から麻布十番は通常営業を再開する予定です。

5月はたまにはいるテイクアウトの注文だけを受けておりましたが、まるっきり1か月間営業もせず、従業員の暇を持て余している状態が続いております。6月も緊急事態宣言延長の話が出ておりますが、ゴールデンウイーク前からずっと休んできて、今一度6月はどうするかみんなで考えてみました。いい大人が何もせず、1か月以上もだらだら過ごすのも不健全だとは思うので、私個人的には普段できない勉強もして面白い時間もありましたが、従業員はどうしてるでしょうか。そのうちこの一か月間はどう過ごしたのか聞いてみたいと思います。

時短要請が出ている中、営業を再開するにあたって考えたことは、まず売り上げがどれだけ作れるかでしょう。東京の状況を見てみると、必ずしも1,2か月前ほど開けてれば溢れるほど人が入るわけじゃないという感じです。ましてや、ずっと時短してきたうちの店は、どうせやってないだろうというイメージもついてしまったと思います。今後、協力金と雇用調整助成金を捨てて挑んだ場合、最初から損益分岐点売上高に達するのは難しいでしょう。しかし、ある程度の損得勘定よりも本来やるべきことをやってこの先にもつなげることに意義があるのではないかと考えました。
また、営業再開をすることで普段のうちのお客さんと違う使われ方をして店が荒れるかもしれないという懸念もありました。それは、我々飲み屋を営んでいるに当たって、常にあり得る話で、むしろ他のお客さんを含めみんなが楽しく飲めるような状況を作るのが腕の見せ所でしょう。
そして、行政側の休業要請に背いてまで営業する理由ですが、感染防止というのは経済・財政面、人々の精神面、時間などの犠牲をここまで払って追及するべきなのかという疑問がずっとあった中で、自分の信念をどこまで譲歩できるのかという駆け引きの問題だと思います。それ以前に、このコロナウイルスというものをどう考えるかという話になってくると思いますが、ここではそれは控えておきましょう。
世界ではワクチン接種がすすみ、その効果なのか感染者数が劇的に減少している国もみられワクチン効果への期待も高まりながら、武力闘争、自然災害で引き続き困難を味わっている人たちが、今まで通り存在しています。我々が行っている、美味しいものを食べ、酒を飲んで楽しい時間を過ごす時間と場所を提供するということが行政側の求めていることと相反していることは心苦しいところではありますが、不正受給をせず、経営的に無理のない範囲で自分たちの姿勢を見せていきたいと思います。

この度、従業員の一人一人挙げる意見に、一人黙々とテイクアウト注文をこなしている廣川真人はボンジョヴィの名曲のワンフレーズ「we'll give it a shot!」(彼の翻訳によると、失敗してもいいからとにかくやってみよう!ということらしい)という言葉を投げかけていました。30代半ばの男がいまさら30年前の大ヒット曲を引用するってのは、私がこの曲を聴きまくっていた時に、さらに30年前のエルヴィスの大ヒット曲のワンフレーズ「it ain't nothing but a hound dog!」(私の翻訳によると、そんなの単なるスケコマシ以外のなにものでもない!)といいまわってるみたいなもんだと面白くてしょうがありませんでした。