年末の挨拶

日頃のご愛顧ありがとうございます。店主の高野です。

今年もあっという間に一年が経ち、無事に年内最終日を終えることが出来ました。無事とは言っても、14年目に入った恵比寿店は水漏れ工事などにより営業を2日休んだりなどもしましたが、以前から交流のあった大工との付き合いも深まり、今後我々のメイン大工として仲間が増えたという良いこともありました。恵比寿店の狭い階段の入口の雨よけも14年目にして新調しました。

東京の2店舗はおかげさまで増収を達成することができ、特に11月、12月はこれまで恵比寿の後塵を拝していた麻布店が恵比寿を上回ることができ、主に麻布を担当していた料理長安田の、来年3月の退社に向けての良い花道になったと思います。

また、仙台店も2年目を迎え着実な成長を見せ、来年へ向けての良い一歩になったと思います。来年四月から新たに鈴木という29歳も参加することになり、大きなレベルアップを図れると期待しております。

来年も、「この人手不足時代にめげずスタッフが生き生きと働くイカした居酒屋になる」ことをテーマとして、このストレスフルな社会の明日への活力になれるような店づくりを頑張りますので、今後もよろしくお願いします。

良いお年を。