藤井雅史

飲食店業界には様々な夢を追ってる人たちが働いておりますが、我々の店にもそのようなスタッフ達が活躍しております。

藤井雅史は、社内の最年長スタッフで、本業はタップダンサーであります。若い時にタップダンスの本拠地ニューヨークに渡り、黒人ダンサーとのバトルにもがき苦しみ、現在、彼はコンテンポラリータップダンサーという独自のスタイルを築きつつあります。

もちろんダンサーの世界はそう甘いものではなく、飲食業にも携わりながら、飲食経験は社内で最も長くもあります。人生、全てを投げ打って1つのことにかけるという生き方はなかなかできるものではなく、そろそろ仙人の域に達するのではないかと思っておりますが、やはり社会はそう甘いものではなく、今日も老体に鞭打ちながら魚BAR一歩で頑張ってもらっております。藤井雅史