川口由夏

川口由夏川口が一歩に入るきっかけは、我々と共通の趣味である音楽好きのお医者さんでした。当時、川口は新宿でソウルミュージックを聞かせるバーをやっており、共通のお客さんである、その音楽好きの医者が、「どうやら店を閉めるのですが、一歩さんで仕事はないでしょうか?」という話があり、ちょうど二店目を出そうとしているところで渡りに船のお話でした。

川口の趣味へのこだわりはとても深く、ギター、ソウルミュージック、イスラム料理、スピリチュアル世界への造詣の深さは人一倍です。

私と同じ仙台出身で同い年でもあるのの体力については社内最下位と思われますが、安定感のある仕事で魚BAR一歩の屋台骨とも言えるでしょう。