高揚

日頃のご愛顧ありがとうございます。店主の高野です。

無事確定申告も終わり、三月に入り着々と春の匂いが高まってきましたが、私も気分が高まってきております。まあ、経営者としては、プライベートの問題は置いといて、常に営業の問題と人の問題が常に頭から離れないものですが、最近は営業の方も調子が上がる兆しが見えていることと、人の問題も改善しつつある事が私の気持ちを高ぶらせます。

人の問題は何と言っても、この人不足の時代、頭数が足りないということですが、この四月から私の地元の同級生がほぼフルタイムで入ってもらうことになったことと、さらに親しくしている中華料理人が、やはり六月から入ってもらう見通しになったことで、だいぶ人員体制に余裕が出てきそうです。

そしてこの気持ちの高ぶりは、頭数の話だけではなく、能力的にも大いに期待できる人達だから来るわけであって、つまり、人間的にも信用ができ、これまでの経歴から即戦力として力になってもらえると期待しております。

このご時世、流石に身の回りのコネで人を集めることが難しくなった中、こうやって既存の繋がりで人材を集めることができるのは、人材募集会社に勝った感すら感じると同時に、この引きの強さは、麻雀でいえば、裏ドラが面白いように乗ってくるとか、普段巻き上げられてるやつから振り込ませるような状態でしょう。

ただし、年をとった私のコネクションも同時に高齢化し、2人とも四十代と三十代です。念願の二十代にはまだまだ手が届きません。恐らく、これでうちのメンバー平均年齢はさらに上がり、40歳前後になっているのではないでしょうか。

もちろん、まだ無事、うちに入ってきてるわけではなく、予断は許しませんが、期待を裏切られたり、失望することには慣れております。私はこの波に乗ってる間は、攻めの姿勢を崩さずに前向きに頑張っていきたいと思います。